• TOP
  • FEATURE
  • ニュアンスカラーなら誰もがニット上級者

トガオシ。Vol.143ニュアンスカラーなら誰もがニット上級者

2021.01.28

ニットを愛する戸賀敬城が信頼しているフェデリの新作は、ニュアンスカラーのカシミヤニット。白黒紺などベーシックカラーの次は、差し色使いできるビビッドカラーのニットを。さらにニュアンスカラーニットを着こなせれば、今日からニット上級者の仲間入りです。


ニット上級者はニュアンスカラーを選ぶ

フェデリ / カシミア クルーネック ニット

ニットの「プロ」と呼びたい戸賀さんのカシミヤニットは、BRではお馴染みのフェデリ。カシミヤの等級はもちろん、編み立てもシルエットも超一流のニットブランドです。

「最高級のカシミヤは、手で触れたときにはっきりと違いがわかるもの。ウールとの違いがわからないような安価なカシミヤとは大違いだよね。でも素材だけなら納得のいくものを使うブランドはあるけれど、編み立てやシルエットまで納得できるニットメーカーは、それほど多くないんだ。フェデリは間違いなく、素材もデザインも一流と呼べるブランドだね。」

そう戸賀さんが太鼓判を押すフェデリの新作は、ニュアンスカラーのニットに注目です。いつもはウィンターホワイトを愛用する戸賀さんも、今季はラベンダーカラーのカシミヤニットに早速袖を通しています。

「最近、鮮やかな差し色が注目されているけど、ちょっとハードルが高い人には、淡いニュアンスカラーのニットを着てみてはどうかな。黒やネイビーなんかのベーシックカラーは、当然として揃えるとして、派手色はニットを着慣れないと難しい、ニュアンスカラーニットなら上品に誰もが着られるはず。ブラックデニムはもちろんだけど、この春、新鮮に見せたければホワイトのデニムもいいよね。」

「ウィンターホワイトが気恥ずかしいという人にもオススメできるよ」と付け加えながら、「じつはこの手のカラーニットは簡単に着られて、しかも上級者見えするヤバいニットなんだよね」と、意味深なセリフ。

「ニュアンスカラーニットは新たな選択肢。白黒ネイビーなんかのベーシックカラーニットの次は鮮やかなターコイズやピンクにいくよね。ニュアンスカラーはその次に選ぶ色。だからこんな色のニットを着てると、相当ニットを知ってる上級者に見せてくれるんだ。リッチでお洒落な大人が着る、これぞニットの真打ち!」

CREDIT

Producer : 大和一彦 / Photographer : 鈴木泰之 / Writer : 池田保行 (ゼロヨン) / Designer : 中野慎一郎

TAGS

関連特集記事

LOAD MORE

loading

最新記事

LOAD MORE

loading

PT PAIL&SHARK
RakutenPay

*当サイトの税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。 お間違えになりませんようご注意ください。